お金をかけずに「相続争い」を避ける”最良の方法”がある。でも……

「相続争い」

この言葉を聞いて多くの人は「相続争いなんてお金持ちの家だけの話でしょ?」と思われているかもしれませんが、実はそんなことはありません。

実は家庭裁判所で行われた遺産分割調停のうち、相続財産が5000万円以下の案件が全体の約75%を占めているというデータもあるのです。

と言っても、相続財産が5000万円以下の家庭が圧倒的に多いので、この比率は当然とも言えますが、それだけ相続で揉めている家庭が多いという事実に変わりはありません。

また、「ウチは家族みんな仲が良いから相続争いなんて無縁だ」と思っている人もいるかもしれませんが、そんな関係をいとも簡単に崩してしまうのが「相続」というイベントなのです。

この記事を読まれているということは、おそらく「家族での相続争いをなんとか避ける方法はないだろうか?」とお考えなのだと思います。

実はそのための最良の方法があります。それにお金はまったくかかりませんし、とってもシンプルな方法です。

ところが、これを実行するのがとても難しいのです……

ですが、確実に効果のある方法ですので、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

最良の方法は「話し合う」ことである

「え? それだけ……?」と肩透かしをくらったかもしれませんが、本当にこれが最良の方法なのです。

ただ、これはいざ相続のタイミングになって話し合うという意味ではありません。

大切なのは「相続が現実的になる前から、頻繁に話し合っておく」ということです。

なぜこのシンプルな方法が相続争いを避ける最良の方法になるのでしょうか?

その理由について詳しく解説していきましょう。

相続争いはそれぞれの「思い込み」から始まる……

相続争いが起こる原因は様々ですが、いくつかパターンを考えてみましょう。

相続争いに発展する原因例

  • 親の面倒を見なかった子供が突然遺産を欲しがり始めた
  • 誰かが隠し財産を疑い始めた
  • 財産の多くが不動産で分け方にどうしても不公平感が出てしまうた
  • 相続できる遺産が予想より少なかった
  • 子供の内の1人だけ親が生前の頃に財産(お金など)をもらっていた
  • 財産どころか借金があった
  • 遺言書の内容が偏っている
などなど、挙げればキリがありません。

そして、これらの原因の多くは当事者の「思い込み」から生まれています。

「自分はこれくらいの財産を相続できる”だろう”

「自分が知らない財産が他にもある”はずだ”

「この家は子供が継いでくれる”だろう”

「誰か1人に特別に財産をあげても兄弟姉妹は納得してくれる”はずだ”

「借金があってもみんなで何とかしてくれる”だろう”

「遺言の内容に納得してくれる”はずだ”

これら一人ひとりの”だろう””はずだ”という思い込みは、他の誰かにとっては「何を勝手に……」となる可能性が高いのです。

車の教習所で「だろう運転は事故のもと」と習いましたよね?

それと一緒で、相続も自分の勝手な推測で進めていくと大きな事故になりがちです。

特に親は「子供のことを考えてやってやった」という一方的な意思決定をしやすい傾向にあります。

例えば親が「不動産を残してやった」と思っていても、実は子供たちにとっては不必要で、「生前に売って現金化しておいてくれれば……」というケースも多々あるのです。

事実、不動産はもっとも「分けにくい財産」であるため、不動産を巡る相続争いが一番多いと言われています。

また、子供は基本的に親の財産の詳細について知る機会というものがありません。

なので、子供は自分の人生の選択を親の財産などは考慮せずに決めていくことになります。

人間は知らないことについて考えることはできないのです。

後になって「こっち(親)はこういう道を歩んでくれると思っていた」と言ったとしても、子供からすれば「いや、そんなの知らないし。だったらもっと早く言ってよ……」となるわけです。

こういったすれ違いを防ぐためには、家族全員で情報を開示して定期的に話し合う機会を作るしかないのです。

独りよがりの行動は家族全員にストレスを与えてしまう

人間の心というのは自分の予想の範囲を超えた出来事に直面したときに、大きなストレスを感じるようにできています。

まったく話し合いをすることなく、突然相続が発生すると、相続人の心には大きなストレスがかかってきます。

「家族の死」という大きな悲しみを受け止めるだけでも必死なのに、そこからさらにストレスがかかるのですから、それは相当なものです。

「遺言書」や「税理士」は根本的な問題を解決してくれない

「でも、遺言書を書いておけば相続争いにもならないでしょ?」

そう思われるかもしれません。

確かに遺言書どおりに財産を分ければ、形式上はスッキリしますし、何より故人が家族に想いや願いを伝えられる大切な方法です。

しかし、突然知らされたその遺言の内容を全員が冷静にすんなりと受け入れることができるでしょうか?

また、税理士さんに相談すれば賢い節税アドバイスをもらうこともできるので、安心だと思われるかもしれません。

たしかに「知識や時間がなくても大丈夫! 相続税に強い税理士が見つかる4つのステップ」で、良い税理士さんを見つけられれば、最適なアドバイスをもらうことができるでしょう。

しかし、それで「全員が心から納得できるか?」と言うと、それはまた別の話なのです。

だからこそ、話し合っておくことが大切になってきます。

話し合いは単に遺産の分割方法を決めるためだけのものではなく、「当事者全員が少しずつ心の準備するためのもの」でもあるのです。

その心の準備ができた上で遺言書に書かれた内容を噛み締めたり、ちゃんと節税対策することが大切です。

相続に正解などありません。

それどころか全員が納得できる答えなど、最初から用意されていないのが普通です。

その中で一人ひとりの納得感を高めていくためには、常に話し合って、それぞれの意見や希望を聞き、その状況に合わせて順応していくしかありません。

相続は親だけで考える問題ではありませんし、子供だけで考える問題でもありません。

「家族全員」の問題なのです。

まずはその意識を持って、あなたが家族一人ひとりに声をかけてみてください。

最初はなかなか上手く話が進まないでしょう。

しかし、根気よく続けていけば状況は少しずつ変わってくるはずです。

「相続」をキッカケに「争族(争続)」になってしまわないように。

あなたが勇気を出して始めた「話し合い」で、あなたの家族の幸せがいつまでも続きますように。

本日も「ポジティブ終活」に来てくださってありがとうございました。

あなたが感じたことを誰かと共有してみよう


資産を”確実に”増やしたい人が
「やるべきこと」まとめ






「老後が不安だから何かしないと……」
「息子や孫の将来は大丈夫だろうか……」
誰もが抱えているのが「お金の悩み」です。
”資産を増やす”と聞くと「難しい」と考えてしまう人が多いですが、実はそんなことはないのです。
できる限りリスクを取らずに着実に資産を増やすための方法をまとめてご紹介します。




4ステップで誰でも見つかる!
相続税申告に強い税理士の探し方






「知識もないし、時間もない……」
そんな状況でもご安心ください。
最小限の時間で最低限の知識を身に着け、最高の税理士と出会う方法を無料で分かりやすくご紹介しています。