【タメになる】エンディングノートを書いてくれそうにない親への上手なすすめ方

ポジ仙人
エンディングノートは終活の基本中の基本じゃな。

しかし、子供が「書いて欲しい」と言ってもなかなか親は素直に受け入れられないもんなんじゃよ。

40代(女性)のSさんには70代の親御さんがいます。

終活の重要性を感じたSさんは、「親にもエンディングノートを書いてもらおう!」と思い立ったそうです。

ところが親の反応はイマイチ……。

「そんなもの今から書いてどうする」

「ウチには大した資産もないから必要ない」

「葬式はお前らの好きなようになってくれ」

と、なかなか自分事として捉えてもらえなかったそうです。

「もう、困るのはこっちなのに! 良かれと思って勧めてあげてるのに何なのよ!」と思ったその時、母親の言葉を聞いてハッ! としたそうです。

「あなた、そんなに私たちにいなくなってほしいわけ?」

実はご両親は書くのが嫌だった訳ではなく、自分たちがお荷物扱いされているような気がして、寂しさから思わずそういう反応をしてしまったんですね。

「あぁ、自分たちの都合ばっかり優先して、親の気持ちを考えてあげれていないかったな……」

そう気づいたSさんはある行動に出ました。

それは「まずは自分のエンディングノートを書くこと」です。

実家に寄った時にエンディングノートを書いていると、お母さんが「それ何なの?」と興味を持ってくれたそうです。

最初は「あんた、その歳でこんなもの書いてるの?」と言われたそうですが、「私の年代だって何があるか分かんないじゃん。だって小林麻央ちゃんなんて34歳だったんだよ。子供のことも心配だし」というと、「たしかにそうねぇ」と中身をパラパラ見てくれたそうです。

そしてSさんが書いた内容を眺めながら、

「たしかにこういう風にまとめておくと、いざという時はあなた達も楽だろうね。ちょっと私も一緒に書いてみようかしら」

と言ってくれたそうです。

すると、お母さんが「お父さん、あなたが一番書いておかなきゃいけない人なんだから!」と檄を飛ばしてくださり、最終的には二人とも前向きに書いてくれたそうです。

それをキッカケにSさんは親子で今まではできなかったいろんな話ができるようになったと喜んでおられました。

そんなSさんからは、最後にこんな言葉をいただくことができました。

終活においてエンディングノートを書くこと、それ自体は私もオススメします。

ただ、「エンディングノートを書くということは自分の死について考える」ということを忘れてはいけないと思いました。

私も自分で書いてみて、「こんなこと考えたくない」「こんなの分かんないよ」「どうしたら良いの?」と思うようなことがたくさんありましたから。

私の両親(70代)くらいの年齢であれば、私たちより死を身近に感じ始めている年頃です。

そこで「書いてよ」と一方的に言えば親がどんな気持ちになるのか考えられなかったのは今でも反省点です。

でも、一緒に書けば自分の心の整理にもなりますし、親も重苦しい気持ちにならずに取り組めるのでオススメですよ。

そして私の親はというと、エンディングノートを書き終えたおかげで、今では家の片付けと庭での野菜づくりに精を出しています(笑)

ポジ仙人とネガ男くんのまとめ

ネガ男くん
ネガティブ思考の僕からすると「”エンディング”ノート」ってすごく嫌な響きなんですよね〜。

だから僕もなかなか親に勧められないんです……。

でも、たしかに自分のノートを書くことから始めれば勧めやすくなるかもしれないですね。

よし! まずは僕もエンディングノートを買ってみます!

ポジ仙人
ホッホッホッ。

ネガ男くんも少しずつポジティブ思考になってきたようじゃの。

しかし、Sさんはすごく大切なことを教えてくれているの〜。

そうなんじゃ。

ある日突然、子供から「終活をして」と言われても、親は驚くし、悲しいし、寂しいもんなんじゃよ。

ただでさえ親は周りの友人や知人がポツポツと亡くなっていく寂しさも感じている。

そんな時に子供から必要とされていないと感じた時の悲しさは計り知れんじゃろう。

だからこそ子供やパートナーが寄り添ってあげることが大切なんじゃよ。

あなたが感じたことを誰かと共有してみよう


資産を”確実に”増やしたい人が
「やるべきこと」まとめ






「老後が不安だから何かしないと……」
「息子や孫の将来は大丈夫だろうか……」
誰もが抱えているのが「お金の悩み」です。
”資産を増やす”と聞くと「難しい」と考えてしまう人が多いですが、実はそんなことはないのです。
できる限りリスクを取らずに着実に資産を増やすための方法をまとめてご紹介します。




4ステップで誰でも見つかる!
相続税申告に強い税理士の探し方






「知識もないし、時間もない……」
そんな状況でもご安心ください。
最小限の時間で最低限の知識を身に着け、最高の税理士と出会う方法を無料で分かりやすくご紹介しています。