【開始2ヶ月】確定拠出年金 iDeCo(イデコ)がいきなりマイナス3,047円。その理由や内訳と月末時点での運用益は?

何でもネガティブに考えてしまうネガ男くんは、自分の老後を考えた時に老後資金に不安を感じていました。

ネガ男くん
はぁ……

これから給料が大きく上がる見込みも少ないし、僕が65歳になってもまともに年金をもらえるかどうかも分からないんだし、老後が不安で不安でしょうがないよ……

その不安を払拭するためにネガ男くんが始めたのが「確定拠出年金 iDeCo(イデコ)」です。

ポジ仙人
今は昔と違って貯金をしていても資産はちっとも増えんからの〜。

だからと言って個別株やFX、不動産は素人が下手に手を出すと痛い目にあうのがオチじゃ。

その点、イデコは節税ができたり運用益が非課税になるといった普通の金融商品にはないメリットがある。

国が制度設計しただけあって良くも悪くも「低リスクで着実なリターン」が期待できるんじゃ。

だからネガ男くんと同じように「投資に興味はあるけど、高リスクな資産運用はしたくない」という人のためにも、ネガ男くんの運用レポートを定期的に公開してあげたらどうじゃ?

ネガ男くん
なるほど!

僕の結果と経験が人の役に立つなら良いかもしれませんね!

正直投資にはまったく自信がないですが、できる範囲で頑張ってみます!

こうしてネガ男くんはイデコをスタートすることになりました。

確定拠出年金 iDeCo(イデコ)とは?

老後のための資産運用としてネガ男くんがはじめたのは「確定拠出年金 iDeCo(イデコ)」でした。

最近ではテレビCMでも流れているため、「言葉だけは知っている」という方も多いのではないでしょうか?

イデコを簡単に説明するとすれば、「60歳以降に下ろせる積立貯金」です。

ただ、銀行の定期預金のように単に貯金をして銀行が指定した利息を受け取るというわけではなく、「積み立てたお金を投資して運用する」というものになります。

投資と聞くと「投資なんて怖くて無理!」と思う人もいるかと思いますが、国が作った制度というだけあって低リスク低リターンの商品が中心にラインナップされています。

また、掛け金を全額所得控除できるため住民税や所得税を節税できたり、本来20%課税されるはずの運用益も非課税になるなど、私たちがイメージする「投資 = 高リスク」とは異なる制度設計となっています。

デメリットと言えば、「60歳まで受け取れないこと」「掛け金の上限金額が決まっていること」の2点で、メリット面を考えればこれらをデメリットと言うことも難しくなるほどです。

ちなみに掛け金の上限は人によって異なりますが、一般企業にお勤めであったり主婦の方であれば上限2万3千円、自営業をされている方であれば上限6万8千円となっており、申込時にその範囲内で金額を設定することができます。

ネガ男くん
僕も老後の資産づくりのために投資に興味はあったんですが、性格的に株や不動産やFXは怖くって……

でもイデコなら節税や運用益の非課税などのメリットが大きいので、僕が始める最初の投資としては最適かもしれませんね!

ちなみに掛け金は2万3千円の上限いっぱいまで使うことにしました。

開始直後にいきなりマイナス3,047円でびっくり。でも実は……?

細かい説明は割愛しますが、イデコに加入するために必要な証券口座は手数料が圧倒的にお得なSBI証券楽天証券を選びましょう。

地域の銀行や証券会社で加入してしまう人がいますが、手数料が高かったり、選べる金融商品が少なかったりすることもあります。

後々でも金融機関の変更はできないことはないですが、手続きはかなり面倒なので、加入前にメリット・デメリットをしっかり調べるようにしましょう。

さて、SBI証券でイデコに加入することにしたネガ男くんですが、すぐに不安に襲われることになります。

ネガ男くん
申し込み手続きは面倒だったけど、ようやくこれでイデコがスタートするぞ!

拠出金も銀行口座から引き落とされたし、早速自分の資産状況をチェックしてみようかな。

どれどれ……

ネガ男くん
えっ!!!

いきなりマイナス3047円!?

ちょっと! 僕の大事なお金が一瞬でマイナスになっちゃった……

やっぱり投資って怖い……

といつものネガティブが出てきてしまったネガ男くんですが、ポジ仙人がその理由を教えてくれました。

ポジ仙人
ホッホッホ。

ネガ男くん、それは早とちりじゃよ。

サイトの ホーム > 取引履歴 > 事務手数料履歴 を開いてごらん。

ネガ男くん
あれ?

「国基連手数料」っていうのが2,983円、「事務委託手数料」っていのが64円引かれてる。

なんだこれ?

ポジ仙人
これはイデコに加入した人が全員必要になる手数料なんじゃ。

と言っても毎月こんな金額が引かれるわけではないから安心しなさい。

ちなみに「国基連手数料」の2,983円は2つの費用の合計額で内訳はこうじゃ。

国民年金基金連合会:2,777円
口座管理手数料:103円 × 2か月分 = 206円

このうち2,777円は初回だけで、206円は最初の2ヶ月分がまとめて引かれただけじゃから、今後は毎月103円だけがかかることになる。

ネガ男くん
あっ、そうだったんですね!

びっくりしたぁ〜。

てっきり運用で一気に損失が出ちゃったのかと思いましたよ。

じゃあ、毎月引かれる手数料は103円だけってことですか?

ポジ仙人
いや、それ以外に事務委託手数料として64円がかかるから、今のところ合計で「167円」が今後毎月かかってくるコストじゃな。

それとさっきの資産状況の画面をもう一度よく見てみるんじゃ。

資産が「待機資金」となっているじゃろ?

ネガ男くん
あっ、ほんとだ!

「待機資金」ってなんですか?

ポジ仙人
待機資金というのは「まだ運用商品を購入していない状態の資金」という意味じゃよ。

だから待機資金の時点では資産運用によるプラスもマイナスもないんじゃ。

つまり単に手数料が引かれただけということなんじゃよ。

ネガ男くん
あー! なるほど! そういうことですか!

でもマイナスはマイナスだからショックな事に変わりはないですけどね(笑)

ポジ仙人
まぁ、気持ちは分かるが、こればかりはしょうがないの〜。

これからの運用でプラスになっていくのを期待しよう。

一体何ヶ月でプラスに転じるのか観察するのを楽しんではどうじゃ?

ネガ男くん
確かにイデコは積立投資だからパフォーマンス次第ではプラスになるんですもんね。

分かりました!

僕もそこを楽しみに気長に待ってみます♪

ネガ男くんが買った運用商品と掛金の配分割合は?

ネガ男くん
イデコに加入しても何の運用商品を選んで良いのか分からなかったので、ポジ仙人がオススメしてくれた山崎元先生の本を読んで勉強しました!

とくに「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」と「シンプルにわかる確定拠出年金」はすごく分かりやすいので僕もオススメですよ!

その上で僕が選んだ組み合わせはこうです。

ポジ仙人
ホッホッホ。

ちゃんと勉強していて偉いの〜。

しかも低リスクで着実な運用益が期待できる株式インデックスファンドを国内40%、外国60%という比率で混ぜるという王道な組み合わせじゃの。

これでどこまで運用益が出るのか楽しみじゃの〜。

運用開始1ヶ月目(8月31日時点)での資産レポート

8月中旬から待機資産が運用商品に変わり、ついにネガ男くんの初めての資産運用がスタートしました。

そして8月31日にその資産がどうなったのか確認してみましょう。

ネガ男くん
あぁ、やっぱりまだマイナスだ……。僕のお金が減っちゃっている……
ポジ仙人
本当にネガ男くんはネガティブじゃなぁ……(苦笑)

確かに手数料を引かれた影響で全体の損益はマイナスじゃが、個別の運用商品は少しだけ運用益が出ておるじゃろ?

今はまだまだ小さい金額じゃが、これが少しずつ増えていけばそう遠くない未来に全体の損益もプラスになりそうな気がせんかの?

ネガ男くん
ホントだ! 言われてみれば確かにそうですね!

確か本にも「できるだけ投資は気長にほったらかしてやるもの」って書いてましたね。

僕も気長に資産が増えて行くのを待ってみます♪

ポジ仙人
ホッホッホ。

そうそう、大切なのは焦らず急がずじゃよ。

どちらにしろ老後まで引き出せないんじゃから、気長に運用していくことが大切じゃよ。

以上、ネガ男くんの「確定拠出年金 iDeCo(イデコ)」をスタートしたネガ男くんの初回レポートでした。

老後や終末期をより自分らしく過ごすためにも、イデコを上手に活用してみてはいかがでしょうか?

今後もネガ男くんの運用レポートを不定期でお届けしていきたいと思います。

本日も「ポジティブ終活」に来てくださってありがとうございました。

あなたが感じたことを誰かと共有してみよう


資産を”確実に”増やしたい人が
「やるべきこと」まとめ






「老後が不安だから何かしないと……」
「息子や孫の将来は大丈夫だろうか……」
誰もが抱えているのが「お金の悩み」です。
”資産を増やす”と聞くと「難しい」と考えてしまう人が多いですが、実はそんなことはないのです。
できる限りリスクを取らずに着実に資産を増やすための方法をまとめてご紹介します。




4ステップで誰でも見つかる!
相続税申告に強い税理士の探し方






「知識もないし、時間もない……」
そんな状況でもご安心ください。
最小限の時間で最低限の知識を身に着け、最高の税理士と出会う方法を無料で分かりやすくご紹介しています。